FC2ブログ
10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

trend×trend

巷ではやりのあんなものこんなもの



京都は、いま1年で最も観光客が訪れる季節です。
今年の京都観光といえば、きれいになった国立博物館の「鳥獣戯画」展は必須でしょう。
日本漫画の原点とされる平安時代の作品で、うさぎやかえるが擬人化され、相撲をとったり弓を射ったり、コミカルなやりとりをしている絵があまりにも有名な絵巻物です。

その高山寺の鳥獣戯画が、4年もの間、修復作業のすえ甲乙丙丁の4部作が一度にすべて公開されるという滅多にないチャンスとあって、京都国立博物館は連日、長蛇の列。
平日の午後でも、70分待ちというのがざらのようです。
「鳥獣戯画」の原画の数々は、印刷物で見るもの以上に、躍動感に溢れ、墨の濃淡や筆のタッチの強弱までこの目で確かめることができます。
是非この機会にご覧ください。
スポンサーサイト



tb: 0 |  cm: 0
go page top