FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

trend×trend

巷ではやりのあんなものこんなもの

フェルト羊毛大ブレイク

ハマナカ マフラーテディベアハマナカ マフラーテディベア
()
ハマナカ

商品詳細を見る


男性はほとんどターゲット外ですが、巷ではフェルト羊毛というクラフト(簡単に言えば手芸)が大流行です。
さわりだけを説明すると、いわゆる羊毛(毛糸になる前の毛の固まり)を使って、マスコットやスウィーツ、バッグ、帽子などを作るというものですが、昔からある編み物よりもずっと簡単で、子どもでもニードルにさえ気をつければ立派な作品ができあがるというものです。

ハマナカ 羊毛カラードウール9色セットハマナカ 羊毛カラードウール9色セット
()
ハマナカ

商品詳細を見る

このように種類の違う羊から違う色の羊毛をとり、その風合いや色の違いを楽しむという実にマニアックなセット販売もされていたり、効率よく作業を進めるための様々なグッズも考案されています。

まあ、おじさんたちにもわかりやすく言えば、センスの良いナチュラルな羊毛を使った粘土細工のような感じでしょうか。ネットで検索すると次々に新しい作家も登場し、奇抜な作品を発表したりしていますが、やはりそこはクラフト。完成度にかなりのばらつきがあります。
こういった流行のクラフトには必ず新人作家が登場するものですが、後々までその世界で残れるかどうかは、結局のところ作品の完成度ということになるようです。
スポンサーサイト



tb: 0 |  cm: 0
go page top

モレスキンに夢中

モレスキンイベント

手帳ブームの火付け役的な存在はやはりモレスキン。
最近は少し大きな文具店や書店なら間違いなく売っています。
そのモレスキンのイベントが先頃東京原宿で行われました。

それは世界を舞台に活躍しているアーティスト・建築家・映画監督・デザイナー・イラストレーター・文筆家、音楽家が参加している、文化性や創造性をテーマとしたモレスキンのプロジェクトで、会場では、展示されるノートブック1ページ1ページをめくりながら、参加作家のクリエイティブプロセスに間近で触れることができまました。

手帳をテーマにしたイベントというのも過去にはあまり覚えがありません。

モレスキンの場合、様々なバリエーションがありますので自分にあったモノを選んで使えるというメリットがありますが、この時期はさすがにダイアリー形式のモノがよく売れているようです。

私の場合はもっぱらネタ帳として使用していますが、手帳カバーやいろいろな便利グッズもたくさん出てきていますので、是非自分なりの使い方をみつけてピカソやヘミングウェイの気分に浸ってください。

MOLESKINE モレスキン 2010年 マンスリーノートブック / ラージMOLESKINE モレスキン 2010年 マンスリーノートブック / ラージ
(2009/08/19)
不明

商品詳細を見る


ネタ帳
tb: 0 |  cm: 0
go page top