FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

trend×trend

巷ではやりのあんなものこんなもの

おそまきながらブリーゼ・ブリーゼ

ブリーゼブリーゼ

ようやく行ってきました。ブリーゼ・ブリーゼ。
私個人としては、100点満点の60点。前評判は非常に高かったのですが、いってみると「こんなものか・・・」という感じです。

グルメやファッション、雑貨まで全61店が集結し、半分の30店が大阪初登場など、話題性は抜群でしたが、各フロアを廻ってみると結局印象に残るのは従来から大阪にあった店。

世界的に有名なドイツ人建築家・クリストフ・インゲンホーフェン氏が設計を担当し、高層ビルでありながら光や風をたくみに取り入れた構造になっているとのことですが、最上階のレストランは日差し対策ができていなかったりしていまいち説得力不足。また、ビルの照明を東京タワーや明石海峡大橋のライトアップを手がけた照明デザイナー・石井幹子氏が手がけたそうですが、外からこのビルを眺めるより、このビルの33階から大阪の夜景を見る方がよっぽどいいでしょう。

極めつきは吹き抜け部につるされたブリーゼブリーゼのキャラクター“ブリCH(ブリチャン)”。なんと高さ12mで、マリオネットでは世界最大級とのことですが、これが全然かわいくない。時間が来ると動き出すのですが、あまりに大きすぎて動作がのろい。
何組かのカップルが携帯で写真を撮っていましたが、しばらくしたらそんな姿も見かけなくなるでしょう。

ブリチャン

こんなことばかり書いていると、まったく魅力のないビルのようですが、33階のレストランはまずまず。私は昼間に行ったので日差しが眩しかったのですが、夜になるとすばらしい夜景が広がることでしょう。床から全面がガラスですから他のビルより圧倒的に街の明かりが飛び込んできます。

そしてもうひとつ。1,2階のUNITED ALLOWS。店単独のエスカレータを備え品揃えもなかなかです。特にメンズは今までにないバリエーションの広さです。

まあこのビルを見るためにわざわざ行くほどではないと思いますが、隣のハービスとセットで優雅にお買い物というのには丁度いいかもしれません。
スポンサーサイト



tb: 0 |  cm: 0
go page top